2010年12月09日

ベジーデルによる酵素液ダイエット

酵素飲料を飲むことで、ダイエットになるのが流行ってます。

色々な口コミのダイエットに失敗した人が、最終的にたどりつくようなところです。

現在では、断食しながらその間に酵素液を飲むことが主流になってます。

ベジーデルという酵素飲料を飲むことで、48時間の断食ダイエットを試すことをしました。

臭いがきついので、飲まないでただ断食の方がいいような気がしましたが、体調が良くなるとのことなので、ベジーデルを飲みながら2日間試してみました。

結果はマイナス3キロなのですが、普通に断食と何が違うのでしょうか。
posted by sati at 09:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

弱酸性は本当に肌にやさしいか

洗顔料やボディーシャンプー、石鹸などの宣伝で「人間の肌は弱酸性だから洗うのも弱酸性がよい」といわれてますが実際のところどうなのでしょうか。
まず酸性・アルカリ性をはかるのに「ph」が基準になります。

人間のはだは「ph5」なので弱酸性になります。
普通の石鹸は「ph10」なので弱アルカリ性になりますね。
ここで差がでうrので肌に刺激が強いので弱酸性が良いというのが通説です。

しかし昔から使われていた石鹸に今更「肌に悪い」というのは、おかしい話です。
石鹸は洗ったりする際に水で薄められて、アルカリ性がかなり中和されています。
洗顔後に石鹸が肌に残っていたとしても、肌の弱酸性で中和されます。

一方弱酸性の洗顔剤はというと、洗う力は「酸性になるほど弱い」ので、それを補うものが必要になります。
それが合成界面活性剤や乳化剤です。
この合成界面活性剤や乳化剤によって、皮膚のバリアが壊される危険性があり、シャンプーなどは頭皮に刷り込まれやすいので特に注意する必要があります。
posted by sati at 09:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

二重まぶたの合併症

二重まぶたの手術は、上まぶたの皮膚に局部麻酔をして行う外科手術なので細菌等に感染したり、内出血したり
化膿したりすることがあります。
また手術後6ヵ月くらいは、上まぶたに腫れが残ったり、ドライアイになったりすることがあります。

【切開法の後遺症】
切開法の場合は、上まぶたの皮膚や脂肪を切除しますので、脂肪を取り過ぎたり眼瞼挙筋を損傷した場合
まぶたが下垂した状態になってしまうことがあります。
また切開法の場合、上まぶたにメスを入れますので、傷跡が残ったりします。
切開法・埋没法ともに思ったとおりの形でなくても、元の形に戻すことはできません。
二重まぶたの手術を考えている方は、慎重に決断しましょう。
posted by sati at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

顔の輪郭を変える手術にはどのような合併症があるか

あごにシリコンを入れたり、あごの骨を削ったりする小顔術には以下のような合併症が考えられます。

@傷の洗浄が不十分だったり、抗生物質の投与が不十分だったりすることによる感染症

A止血が不十分なことによる血腫

B神経を傷つけたり圧迫することによる下唇の知覚鈍麻、知覚過敏

C下唇が下にめくれる

D下唇の溝の焼失

手術の結果顔の形がご自分で思ったとおりでなくても、削った骨は戻りませんし安易に再手術というわけにはいきません。
小顔整形で骨を削り過ぎた場合は、骨が細くなりすぎて再手術ができないということもありえます。
posted by sati at 21:49| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

美顔法の危険性

【パック美顔法】
エステサロンで行われている美顔術には「パック美顔法」があります。
このパック美顔法に使用されている「酸性白土」やこれに添付されている「小麦粉」「コーヒー」「トマト」「キュウリ」等に
特定の美容的効能があるという根拠やデータは乏しく、むしろ「酸性白土」「粘土石膏」などの鉱物や野菜類コーヒーなどは
接触性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎を招く原因となる可能性があります。
つまりアレルギーテストを行わずにこれらを使用するのは危険です。

【レーザー照射美顔法】
レーザー光線を顔に照射する美顔法です。
しかし、医師の資格がないエステティシャンが使い方を間違えれば、火傷や失明といった重大な事故に繋がる危険性があります。
また医師法にも違反します。

【凍結療法】
ニキビ・シワ・シミなどを除去する美顔術として、マイナス150度以下の超低温の冷気を肌に当てる術式があります。
ただしこれは医師が治療行為として行っているもので、エステサロンで医師の資格を持たないものが行えば違法行為になります。
posted by sati at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔

キュートな小顔で、肌にもつやと張りがあり、いつまでも若々しく見られたい」 と思う気持ちは多くの女性に
共通の願いだと思います。

さて、顔の皮膚の下に余分な水分や脂肪がたまると、おじゃまな水分や脂肪はその量に応じて下に下がろう
とする力を増します。
それにより、あなたの眉毛・まぶた・目じり・頬・口元がたるんで下にダランとしているとしたら…
きっとあなたは年齢よりも老けて見られるでしょう。いわゆる老け顔とでもいいましょうか。
そう、顔全体のむくみ(たるみ)が、あなた本来の生き生きとした表情を奪うと同時に若々しさをなくし、あなたを
年齢よりもずっと老けて見せたり、表情筋からの刺激が脳に伝わらず気分も落ち込み鬱なんてことに。

「では年齢より若く見られるにはどうしたらいいの?」 ということになりますが… 
もうお分かりだと思いますが、顔のむくみ(たるみ)をとって、顔の筋肉をトレーニングすることで、眉毛・まぶた・
目じり・頬・口元を上に上げて、顔面の血行を良くして肌をはりのある生き生きとした状態に持っていければ良い
のです。
顔面(頭部を含む)の肌や筋肉の状態を良好にすることは、身体の健康にも影響を与え、見かけはもちろんの
こと、心をも若返らせ元気の源となります。
そのことは東洋医学で言う経絡やツボは顔や頭にも多く存在し、治療穴として使えば身体に有効に作用する
ことからも推測できると思います。
自宅でできる小顔エクササイズで、素敵な小顔になれれば嬉しいですね。

顔を引き締めるために無理な自分に合わないダイエットをすれば、すぐに身体はバランスを崩し、健康を害し体調を崩す恐れがあります。

顔やせのエクササイズは、口輪筋・頬筋に負担をかけ、筋肉を動かす運動を用いる事で、顔の周りの多くの表情筋との協調運動が生まれ、その顔の運動効果で顔の筋肉全体が引き締まる効果があります。

口のまわりの筋肉が衰え口元が下がると、口元がゆがみ、顔全体もゆがんで別人に見えてしまい老けて見えます。

口の周りの筋肉を鍛えることで表情が明るく顔が変ってきます。

笑う時に使う、口角を後・上方に引っ張る筋肉)の衰えは頬のたるみの原因です。

下あごを押し上げる筋肉の衰えが1番気になる二重あごの原因ですが、この2重あごがなくなれば、あごのラインがスッキリして痩せてみえます。

そして顔の筋肉を適切に鍛えると、顔全体のゆがみが解消されます。

また顔の血行や新陳代謝がよくなり、肌の色も綺麗になり肌荒れも少なくなり美肌が保たれます。

化粧では中々隠す事のできない目元のクマ対策にも効果があります。
posted by sati at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。